Google WordPress

Google AdSense 審査コードAFFINGER6貼り付け位置

2021-10-08

困ってる人

Googleアドセンスの審査用コード取得までは何とかいけたけど、AFFINRER6のテーマエディターにコードを貼るのはちょっと怖いな~

もし貼り付ける位置を間違って正常に動作できなくなるのは困るし。何か簡単にできないかな?

そうですよね!

アドセンスの審査コードは通常テーマエディター「header.phpファイルの<head>タグ内に審査用コードを貼る」が一般的です。

勿論バックアップしてからですが、間違って貼り付けると動作がおかしくなります。

また、審査完了後にコードを消す作業も必要になりますので、ここで間違って必要なコードまで消してしまうと本末転倒ですね。

そこで「AFFINGER6」で簡単に安全に貼り付けるやり方をご案内いたします。それでは「いってみよう~」

Google AdSenseの「登録方法~コード取得まで」は省略させていただいております。登録コード取得は下記 Google AdSense から、順を追って登録していけば簡単ですのでトライしてみて下さい。

Google AdSense審査コード画面

AFFINGER6に安全・簡単にGoogle AdSense 審査コードを貼り付ける

K

ブログカードを作る手順は以下の2つの手順で作る事ができます。

  • AFFINGER管理設定を表示
  • Google自動広告の設定内に審査コードを貼る

AFFINGER管理設定を表示 

AFFINGER管理設定画面

①AFFINGER管理→②Google・広告/AMP→③Google自動広告の設定 の順で進んで下さい。

Google自動広告の設定内に審査コードを貼る

Google自動広告の設定の「headに出力※wp_head()にエスケープせずにそのまま出力されます」の下の空白欄に

審査用コードを貼り付けて最後に必ず「Save」をクリックして終了して下さい。

この方法であれば動作しないリスクを回避できますので安全ですね

K

いかがでしょうか?

今回の方法はAFFINGER6に特化した設定方法でした。

他のテーマでは適用されませんのでご注意下さい。

Thank you for reading to the end!

  • この記事を書いた人

K

ご覧いただき有り難うございます。ブロガーの「K」です。現在はアパレルの生産管理を主にグラフィック・DTPデザイナー・自社WEB管理と幅広くお仕事させていただいております。 WEB関連を中心にガジェットやPC関連・趣味のスキューバダイビングなどこのブログで発信。

-Google, WordPress
-, ,